What day is it today?

初めましてINSTRUCTIONです
決まってテーマでの投稿はまだなく、様々なジャンルの情報やレビューなどを書いていきます

AirPodsを無くした私が改めて有線イヤホンの良さを考える

イヤホン

大切に使っていたAirPods無くしちゃいました。。。

 

AirPodsの良さ

AirPodsを含め、ワイヤレスイヤホンのいいところはケーブルがないことの1点に尽きます。

有線のイヤホンと比べて値段に対する音質が悪いことはデメリットになりますが、それ以上に完全なワイヤレスイヤホンは様々な面でメリットアリ

 

個人的なメリット

・服にケーブルが引っかからない
・再生機(iPhone,iPodなど)から離れていても問題ない

iPhoneをはじめとしてスマートフォンがイヤホンジャックを搭載しなくなり、ワイヤレス化や充電端子につなぐタイプのイヤホンが出始めています。
しかし、後者のイヤホンでは充電しながら音楽を聴くことができない
充電しながら聴きたい場合は2股に分かれるケーブルを用意する必要がありました。
これを解決してくれるのがワイヤレスイヤホンになります。

最近AirPodsをなくしてから優先のイヤホンに戻しました。

そこで感じたワイヤレスイヤホンのデメリットと有線イヤホンのメリットを書いておきたいと思います。

 

 

有線に戻して気づいた良さ

・充電が必要ない
・AirPodsと比べて紛失する可能性が低い
・iPhoneを紛失しにくい
・ペアリングしていない機器では聞けない

充電が必要ない

当然ながらワイヤレスイヤホンは電池で駆動しているため充電が必ず必要になってきます。
これが非常にストレスたま。
携帯電話など充電する必要がある端末に加え、充電しなければ使えないワイヤレスイヤホンが加わると思ったより面倒
また、AirPodsなど完全ワイヤレスイヤホンでは充電しながら聴くことができないた1日に長時間利用する場合には充電のインターバルを挟む必要がでてくるのだ。
夜行バスや飛行機で聴きながら寝てしまい、いざ使おうというときに使えないような事態が起きるわけです

AirPodsと比べて紛失する可能性が低い

AirPodsは完全ワイヤレスなため、両耳とケースを含めると3つに分解される
それを1つでもなくしてしまえばイヤホンとし機能しなくなってしまうのだ
几帳面な人ほど扱いが慎重になり、小さいながらもストレスが溜まっていくに違いない
これに対し有線のイヤホンは線で繋がって1つしかないため、なくすことは少ない
また、絡まることもストレスだが、無くさないように扱う方がストレスに感じた

iPhoneを紛失しにくい

有線のイヤホンは再生機に直接つなぐためケーブルの長さの範囲で持っておく必要がある
そのため、ケーブルをたどっていけば必ず見つかるわけだ
しかし、AirPodsの場合は再生したらコートのポッケやバッグにしまってしまうことも増えた
無意識でどこかにしまった場合はすぐに見つけることができず慌てることがあった
とりわけ、FeliCaに対応したiPhone7を利用しているためSuicaを始めクレジットカードやネットバンキングもiPhoneで管理している
無くした場合でもパスコードが必要なため情報漏えいの可能性は低いが、無くすことのデメリットは計り知れない

ペアリングしていない機器では聞けない

飛行機に乗って感じたのがコレ
席についている画面で映画を見る際には有線でないと聞けません
こういったペアリングできない機器から聞く場合は使えないのは困りものです

AirPods2が出たら買うかも(やっぱり良かった)

ここまで不満を書いてきたが、やはりワイヤレスの快適さを1度知ってしまうとまた使いたくなってしまいます。

今私が望んでいるのはAirPodsでのワイヤレス充電対応

そして、USB-Cの対応

「家に帰ったらいつも置いておく場所」を作っておけばデメリットが緩和されます。

また、充電

2018年に新しいAirPodsが出るという噂もありますので、期待しています。

 

 

 

コメント